2017・春の夕日(3/20)の観賞会のご案内!

「松山・白石の鼻巨石群:2017・春の夕日の観賞会」3/20開催!

2008_081919_aki(年に2回の奇跡を見に行こう!)

1.開催の目的

松山・白石の鼻巨石群調査委員会では、これまで松山市高浜に存在する白石の鼻巨石群について9年間にわたり継続して観察した結果、太陽軌道との強い連動性を見出しました。二至二分(春分・秋分・夏至・冬至)に観測される神秘的な光景は県内外の人々に驚きをもって受け入れられて参りました。この愛媛県が誇る素晴らしいスポットをより多くの人々に広く知っていただき、また、活動の更なる深化を図るべく以下のように「松山・白石の鼻巨石群:2017・春の夕日の観賞会」を開催します。

 

現地・白石の鼻海岸での夕日観賞会を実施します。年に2度、三ツ石の空洞を通過する神秘的な夕日の奇跡の瞬間を是非、ご体験ください。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会は、イベント等を通して白石の鼻巨石群の素晴らし自然や伝統・文化の大切さを広く伝え、もって地域の発展に寄与することを目的としてい活動しています。

2.内容

日時 3月20日(月・春分)
①    白石の鼻 夕日の観賞会(無料)
・17:20~18:00
・現地での概要説明と、夕日の鑑賞会。
(夕日の観賞会は雨天の場合、中止する場合があります)

3.場所 
①    白石の鼻海岸(夕日の観賞会)
(松山市高浜6丁目)
※現地への移動は自己解決でお願いいたします。

4.参加方法・問合せ先
①    参加方法
現地、白石の鼻へ直接お越しください。
服装は以下ご注意ください。
・滑らないような運動靴
(現地は海岸で滑りやすいです)
・防寒の準備を
(まだ肌寒いです)

②     問い合わせ先
・松山・白石の鼻巨石群調査委員会
ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
・電話:事務局050-3693-7105(18:30以後)

 

 

カテゴリー: お知らせ! | 2017・春の夕日(3/20)の観賞会のご案内! はコメントを受け付けていません。

2016白石の鼻・冬至の感謝祭(12/23)のご案内

※12/23 10 追記

天候は曇りですが予定通り15:30より白石の鼻で夕日の観賞会を実施します。

強風ですので、生姜湯サービスは中止させていただきます。
写真や現物で冬至頃の夕日の観測方法をレクチャーします。

この愛媛が誇る神秘的なスポットを是非、広く知っていただきクチコミで拡散していただければ幸いです。

また、夕日の観賞会後(16:30頃より)、希望者で高浜ターミナルビルの喫茶店(ツクモ)で談話会をしたいと思います。

今年仕入れたグラハム・ハンコックの話や白石の鼻巨石群を初めとした日本の磐座の話、古代文明好きな方とワイワイと雑談したいと思います。

是非、ご参加ください!

松山・白石の鼻巨石群調査委員会
事務局 篠澤邦彦
連絡先 050-3693-7105

——————————————————————————–
12/23(祝日)に恒例の白石の鼻・冬至の感謝祭を実施します。振るってのご参加をお願いします。今年は講演会と夕日の観賞会の2つのイベントを実施します。


20131214_5_2

松山・白石の鼻巨石群調査委員会では、恒例の白石の鼻・冬至の感謝祭を実施します。一部ミニ講演会、二部夕日の観賞会の二本立てで実施します。

今年9月にはエジプトのツタンカーメン王墓のレーダ探査で著名な地中レーダ探査技士・渡辺広勝氏に「世界三大黄金遺跡秘話」ということで講演をいただき、その中で白石の鼻巨石群についても海水面の変動から1万年以上前に建造された遺跡ではないかとの意見をいただきました。

また、各旅行サイトでの紹介や旅行会社のツアーに組み込まれていくなど我々が目指していた地域活性化へのインパクトも少づつですが効果が現れてきております。

定期的なイベントとして、冬至の翌日の天皇誕生日に恒例の夕日の観賞会を実施します(夕日の観賞会は2008年の秋から連続して34回目です)。陸上にある「亀石」に差し込む神秘的な夕日を観賞いただきます。古今東西お祝いされてきたこの冬至の日を皆さんと一緒に楽しみたいと思います。寒いですの「生姜湯」のおもてなしサービスも無料で行います。振るってのご参加をお願いいたします。

また、夕日の観賞会に合わせて13時より高浜公民館でベストセラー作家のグラハム・ハンコック氏の「神々の魔術~失われた古代の叡智」の解説・勉強会(有料)を実施します。こちらも参加者を募集します。お気軽にご参加ください。

1.講演会:解説「神々の魔術~失われた古代への叡智」(有料:500円)

神々の指紋」から20年、グラハム・ハンコック氏が満を持して発表した「神々の魔術」・出版記念講演会に参加した当会研究員が解説します。
考古学者も認めた11600年前のギョベックリ・テペ遺跡。約12000年前に起こった急激な地球環境の激変期(ヤンガードリアス期)を招いた彗星の衝突の痕跡!ヨルダン・バールベックの謎の巨石は推定1650トンもの切石の巨石。これら未知の先史文明の数々の痕跡は我々へのメッセージなのか?また、白石の鼻巨石群との類似性について考察します。

  • 12/23(金:祝日)13:00~14:20(60分解説:20分質疑)
  • 場所:高浜公民館大会議室
  • 発表:白石の鼻巨石群主任研究員:篠澤邦彦
  • 参加料500円(当日):募集人数20名
  • (当会の活動費、白石の鼻の整備費に使います)
  • 下記、申込みフォームよりお申込み下さい!
  • http://form.os7.biz/f/160e4908/

2.冬至の夕日の観賞会(無料)

  • 12/23(金:祝日)15:30~16:20
  • 集合場所:白石龍神社(移動は各自自己解決願います)
  • 行事内容

・簡単な白石の鼻巨石群の説明を行います。
・「生姜湯」のおもてなしサービスを行います(無料)。
・夕日の鑑賞会(「亀石」を通過する神秘的な夕日を観賞します。)

  • 準備するもの
    ・防寒着、滑らないような運動靴
    ・軍手はいりませんが、動きやすい服装
  • 問い合わせ先

・松山・白石の鼻巨石群調査委員会事務局
・電話:050-3693-7105(夕方18:00以後~)

ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
※主催:松山・白石の鼻巨石群調査委員会

カテゴリー: お知らせ! | 2016白石の鼻・冬至の感謝祭(12/23)のご案内 はコメントを受け付けていません。