2015白石の鼻巨石群・春の感謝祭を開催します!(3/21)

年に2回の奇跡を見に行きましょう。

3/21(春分の日)に下記のとおり白石の鼻巨石群・春の感謝祭を開催します。
振るってのご参加をお願いします。

2部構成となっております。
1部講演会は有料です。2部夕日の観賞会は無料です。

—————————————————————————————————

「松山・白石の鼻巨石群:春の感謝祭」開催要項

 平成27年2月26
松山・白石の鼻巨石群調査委員会
代表 仲矢文和

2008_081919_aki(年に2回の奇跡を見に行こう!)

  1. 開催の目的

松山・白石の鼻巨石群調査委員会では、これまで松山市高浜に存在する白石の鼻巨石群について7年間にわたり継続して観察した結果、太陽軌道との強い連動性を見出しました。二至二分(春分・秋分・夏至・冬至)に観測される神秘的な光景は県内外の人々に驚きをもって受け入れられて参りました。

昨年は携帯電話会社のTV-CMに採用されたり秋のイベントは愛媛新聞一面に掲載されたり、また読売新聞の四国版に掲載されるなど認知度も向上して参りました。ここ数年は興居島の磐座の調査にも力を入れ取組みのさらなる水平展開を図っております。

この愛媛県が誇る素晴らしいスポットをより多くの人々に広く知っていただき、また、活動の更なる深化を図るべく以下のように「2015松山・白石の鼻巨石群:春の感謝祭」を開催します。

第一部講演会では、現在、大きく注目度を上げている阿波古事記研究会副会長の三村隆範先生をお招きして基調講演をしていただきます。テーマは「古事記の世界~四国は始国」(仮題)です。三村先生は平成6年頃から阿波古代史を研究されはじめ、日本の文化は阿波から始まったという事に確信を持つようになりました。

平成13年には「天照大御神生誕の地 阿波岐原をゆく」をビデオ製作され、同時期に阿波古事記研究会を発足させました。Facebookの阿波古事記研究会は1300名を超えるメンバーを擁しており、日本でも最も活発な古事記研究グループの一つです。

また、白石の鼻巨石群調査委員会主任研究員篠澤より白石の鼻巨石群の対岸にある磐神神社の磐座はじめ興居島の巨石群の研究発表を行います。

第二部では、現地で白石の鼻海岸での夕日観賞会を実施します。年に2度、三ツ石の空洞を通過する神秘的な夕日の奇跡の瞬間を是非、ご体験ください。時間が許せば不思議なバランスを醸し出すロックバランシングアートも実施したいと思います。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会は、イベント等を通して白石の鼻巨石群の素晴らし自然や伝統・文化の大切さを広く伝え、もって地域の発展に寄与することを目的として活動しています。

内容

日時 3月21日(土・春分)
2015松山・白石の鼻巨石群:春の感謝祭

①     第一部 講演会(有料
13:30~15:30
・主催者挨拶(仲矢文和)

・研究発表(20分) 松山・白石の鼻巨石群調査委員会 篠澤邦彦
興居島の磐座(いわくら)の考察

・基調講演(90分) 阿波古事記研究会副会長 三村隆範
古事記の世界~四国は始国


(阿波と古事記)

②     第二部 白石の鼻 夕日の観賞会(無料
(注)夕日の観賞会は、雨天時は中止する場合があります。

・17:00~18:00
・現地での概要説明と、夕日の鑑賞会。
・時間があればロックバランシングアートを行います。
※ロックバランシングとは自然の石を利用してバランスを取りながら組み上げて行くアートです。

rock_blance_20150221_01

  1. 場所

①     高浜公民館 大会議室(松山市梅津寺1335-4)
※電車は伊予鉄高浜線梅津寺駅下車徒歩5分
※自動車の場合は、伊予鉄梅津寺公園駐車場(有料300円程度)をご利用ください。

②     白石の鼻海岸(夕日の観賞会)
(松山市高浜6丁目)
※現地への移動は自己解決でお願いいたします。

  1. 募集人数・募集方法

①  募集人数: 30名
②     講演会参加料
・前売り2000円(当日2500円)
※前売りは銀行振込、クレジット払いのみです。
(銀行振込の場合、振込手数料はご負担ください)

③     問い合わせ先
・松山・白石の鼻巨石群調査委員会
ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
・電話:事務局050-3693-7105(18:30以後)
④     申込方法(募集人員:計30名)

下記フォームよりお申込み下さい。
http://form.os7.biz/f/0edb9ef7/

(講師略歴)

mimura

 

 

 

 

阿波古事記研究会 副会長 三村隆範
昭和22年生れ。
平成6年(1994)頃から阿波古代史に興味を持ち始め、調べれば調べる程、日本の文化は、阿波から広がって行った事に確信を持つようになった。平成13年(2001)「天照大御神生誕の地 阿波岐原をゆく」をビデオ製作、阿波古事記研究会を発足させる。Facebookの阿波古事記研究会は1300名を超える人気グループとなっている。

以上

カテゴリー: お知らせ! パーマリンク