御礼!2020白石の鼻・夏の夕日の観賞会開催報告!

2020年6月21日(夏至)に2020年夏の夕日の観賞会を実施しました。
過去最高の約50名の方にご参加いただき有難うございました。

この日は372年ぶりに夏至と日蝕が重なる日でした。
日蝕も楽しむことができました。

当日の様子を紹介します。

20210621_01
夏のイベントは遊覧船を開催しました。
船は仲矢代表の住吉丸です。


20210621_04
沢山の方に楽しんでもらいました。

20210621_02
間近で見る三ツ石は巨大で威容です。
左側の巨石を台座の上に置き傾斜をつけて中央に重心が来るように構成しています。
城郭の石垣の算木積みに通じるものがあります。

20210621_03
海上側から見た三ツ石
お椀型の巨石の上に二つの巨石を乗っけているが判ります。


20210621_08
日蝕グラスで観察する参加者
372年ぶりの夏至の日蝕。

20210621_10
松山・白石の鼻巨石群調査委員会代表
仲矢文和挨拶
僕たちは12年間続けてきました。

20210621_11
勝岡神社武智宮司挨拶
白石龍神社は勝岡神社の末社です。

20210621_13
研究員篠澤、日蝕の仕組みの説明。
太陽→月→地球(観察者)
白石の鼻巨石群の天体観測機能
太陽→巨石→地球(観察者)
仕組みは同じである。

20210621_12
白石の鼻巨石群の機能・構成の説明

20210621_17
夏至の三ツ石に差し込む夕日の皆さんで観察。

20210621_18
夏至の三ツ石に差し込む夕日の皆さんで観察。

●参加者の声

「生まれて初めてこんな綺麗な夕日が見られて良かった。」
「龍神様最高、空気感=波動=景色、素敵な時間でした。」
「素敵な夕日。思い出深い時間になりました。」
海上からの景色も感動的です。」

ご参加いただいた皆様、有難うございました。
次は、秋分頃に秋の夕日の観賞会でお会いしましょう!

松山・白石の鼻巨石群調査委員会 拝

カテゴリー: お知らせ! パーマリンク