冬至頃の観察方法について!

松山・白石の鼻巨石群には冬至前後、亀石をはじめとする巨石の造形と配置で驚異の天体観測機能を実現します。

冬至前後の観察方法を記述しますので参考にして、是非、神秘的な天体現象を体感してください。

●観察方法1

写真は亀石。白石龍神社を超えて亀石の海岸側に降ります。
注:満潮だと降りることができないのと足場が悪いですので慣れていない方は一人で行かないようにしてください。波打ち際であり、波が急に来ることもあり自然は侮るととても危険です。
20191215_kameishi

 

 

 

 

(渡り板の下側にある石の傍らか観測します。)
20161224_1604
(12/24 16:04)

亀石の海岸側から西の方向を望むような位置に視線を置くと亀石の空洞が僅かな「点」になるポイントがあります。

20161224_1610
(12/24 16:10)

空洞の隙間に乱反射する間接光が漏れ始めますが、まだ直接光は通過していません。

20161224_1613
(12/24 16:13)

亀石が構成する3mは超える細い溝を通過した神秘的な「」が見え始めます。
初めて見た人は誰もが感動します。

「宇宙の神秘を感じた!」という方もいます。

20161224_1616
(12/24 16:16)

1日に約10分間程度の神秘的な光景です。
冬至の前後2週間程度は観測することができます。

(※2019年にやや驚いたのは、12/8に観測すると、ギリギリ亀石の長い空洞を太陽)

(2014冬の夕日の観賞会の様子:佐川印刷株式会社・えひめの動画より)

 

●観測ポイント2

白石龍神社の鳥居の前の「夏至の三ツ石」の観測ポイントに立つと冬至の日の入りの夕日の観測ポイントに立つことになります。

20161224_toujiishi_2
(12/24 16:59)

前方の石が「冬至石」です。2面を平滑に加工している1トン程度はある巨石です。
まだ、日の入りの直前ですが、夕日の帯と断面がほぼ合ってきています。

SANYO DIGITAL CAMERA
冬至石:断面は鋭く加工されているが「矢穴」の跡はない。
(※現在の自分の理解では超古代の技術には矢穴は使わない。)

20161224_toujiishi_1
(12/24 17:02)

冬至頃は、興居島の小富士の稜線が下りきった所に太陽は落ちます。
興居島のどのあたりに夕日が落ちるかで、季節が判るのです。

もし、これが水平線であれば、標的(ターゲット)がなく正確には判らないのです。

白石の鼻は興居島をターゲットにして、巨石で太陽を観測する絶好の場所なのです。
また、高浜は「太陽が四季を旅する」美しい街なのです。

カテゴリー: 資料館 | 冬至頃の観察方法について! はコメントを受け付けていません

2021白石の鼻・冬の夕日の観賞会のお知らせ(12/18)!

12/18(土曜日)に恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。振るってのご参加をお願いします。


20131214_5_2冬至頃に亀石を通過する夕日

(2014冬の夕日の観賞会の様子:佐川印刷株式会社・えひめの動画より)

松山・白石の鼻巨石群振興会では、恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。

白石の鼻巨石群は、お陰様で参加者の皆さんの協力や、地道な宣伝活動が少しづつ地域社会にも認知されてきており、今年4月に松山市の登録NPO団体に認定されました。またテレビ愛媛の絶賛バラエティー番組「い~よ」に紹介されるなどいたしました。

また、近年では考古天文学の分野が注目を上げてきており、白石の鼻巨石群も古代の天体観測施設の代表例として紹介されることが増えて来ており、今年9月には5年振りにシンポジウムを松山市役所三津浜支所で開催することができました。

当会では、この素晴らしい光景・天体現象を体感してもらうために定期的なイベントを開催しています。冬の夕日の観賞会は冬至前の12/18(土)に実施します(夕日の観賞会は2008年の秋から連続して53回目です)。

陸上にある「亀石」に差し込む神秘的な夕日を観賞いただきます。古今東西お祝いされてきたこの冬至を皆さんと一緒に楽しみたいと思います。

1.冬至の夕日の観賞会(無料)

  • 12/18(土曜日):15:20~16:20
  • 集合場所:白石龍神社(移動は各自自己解決願います)
  • 行事内容

・簡単な白石の鼻巨石群の説明を行います。
・夕日の鑑賞会(「亀石」を通過する神秘的な夕日を観賞します。)
・「生姜湯」のおもてなしサービスを行います(無料)。
※オープンスペースで距離をとって開催します。

  • 準備するもの
    ・防寒着、滑らないような運動靴
    ・軍手はいりませんが、動きやすい服装
  • 問い合わせ先

・松山・白石の鼻巨石群振興会事務局
・電話:050-3580-3696(夕方18:00以後~)

ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
※主催:松山・白石の鼻巨石群振興会

カテゴリー: お知らせ! | 2021白石の鼻・冬の夕日の観賞会のお知らせ(12/18)! はコメントを受け付けていません

TVえひめの絶賛バラエティ「いーよ」で紹介されます!

来週の9/18(土)テレビ愛媛のいーよに白石の鼻巨石群が紹介されます。
代表の仲矢と事務局篠澤がでます。
是非、白石の鼻巨石群の魅力をご覧ください。
***********************
2021年9月18日(土)は「松山市」の旅
松山市高浜町から堀江町にかけて海沿いを歩く絶賛の旅。パワースポットと話題の高浜町の小さな岬・白石の鼻の貴重映像や、宝石のようなフルーツをナイフ一本で生み出すクリエイターなどパワーあふれる人々に会いに行く。SNSを通して愛媛の今に注目する「#タグついてますよ」のコーナーでは人気のスポーツをリサーチする。
*********************
9/18(土)13:30~16:00の白石の鼻巨石群シンポジウムも参加者を募集しています。
是非、ご参加ください。
p.s.情報の拡散を目指しているのでシェア希望です。
白石の鼻巨石群は愛媛県民が思っている遥か上の価値が内在しています。
カテゴリー: お知らせ! | TVえひめの絶賛バラエティ「いーよ」で紹介されます! はコメントを受け付けていません

2021松山・白石の鼻巨石群シンポジウム開催のお知らせ!(9/18)

令和3年9月18日(土)に下記の通り「2021・白石の鼻巨石群シンポジウム」を開催します。
テーマは「天文考古学的遺産を活用した地域活性化への取り組み」ということで、本年4月に地域活性化を主目的として組織改編してから初のシンポジウムであり、前身の組織からでも5年振りの開催となります。
基調講演は、日本各地の磐座を探索、研究しているイワクラ研究家で日本天文考古学会常務理事でもある随一の理論派である平津豊氏を招いて講演会を開催します。
第二部では、恒例の夕日の観賞会を現地、白石の鼻海岸で行います。振るってのご参加をお願いいたします。

Sympo_20210819

■パンフレットのダウンロード
2021_白石の鼻シンポジウムパンフ

————————————————————–

「2021松山・白石の鼻巨石群シンポジウム」開催要項

 令和3年8月7日(立秋)
松山・白石の鼻巨石群振興会
代表 仲矢文和

  1. 開催の目的

松山・白石の鼻巨石群振興会では、これまで松山市高浜に存在する白石の鼻巨石群について13年間にわたり継続して観察した結果、太陽軌道との強い連動性を見出しました。二至二分(春分・秋分・夏至・冬至)に観測される神秘的な光景は県内外の人々に驚きをもって受け入れられて参りました。この愛媛が誇る素晴らしいスポットをより多くの人々に広く知っていただき、また、活動の更なる深化を図るべく以下のように「2021松山・白石の鼻巨石群シンポジウム」を開催します。また、当会は本年4月に組織を改編し、松山市の登録NPO団体の承認も得て、これまでよりも、より地域活性化に寄与することを目的とした活動をしてまいります。

第一部シンポジウムでは、日本各地の岩石遺構を研究して来られた磐座研究家で日本天文考古学会常務理事でもある平津豊氏を招いて基調講演をしていただきます。「古墳以前にも岩石による人工建造物があった」というテーマで、古代の天文観測装置と言われている岐阜県の金山遺跡、星に見立てた岩石を山全体に配置して地上に天球図を描いている奈良県神野山など、古墳時代以前にも人々が造った人工的な石組みが存在していることを説明していただきます。
また、当会研究員篠澤による世界の天文考古学遺跡と白石の鼻巨石群の比較、そして地域活性化への活用方法の研究発表も行います。

第二部では、現地で白石の鼻海岸での夕日の観賞会を行います。秋分前の約10日間、海上三ツ石の空洞に差し込む神秘的な夕日を観賞していただきます。2021年の秋を皆さんと一緒にお祝いしたいと思いますので奮ってのご参加をお願いいたします。

このシンポジウムは、公益財団法人えひめ地域政策研究センターの「まちづくり活動アシスト事業」の助成を受けております。本イベントもその事業趣旨に則り、住民自らが地域資産を掘り起こし磨き上げ、他の地域や団体と協力、切磋琢磨しながら地域や地域外への啓発、情報発信を行い、もって地域の発展に寄与することを目的としています。

内容
日時 9月18日(土)
「2021松山・白石の鼻巨石群フェスティバル」

第一部 シンポジウム
13:30~15:50
・主催者挨拶(仲矢文和)
・来賓挨拶
・基調講演(50分:質問10分)イワクラ研究家:平津豊
「古墳以前にも岩石による人工建造物があった!」

・研究発表(50分:質問10分) 松山・白石の鼻巨石群振興会 篠澤邦彦

「世界の天文考古学遺跡と白石の鼻巨石群~その活用方法

第二部 白石の鼻 夕日の観賞会
・17:10~18:00
・現地での概要説明と、夕日の鑑賞会。
(夕日の観賞会は雨天の場合、中止する場合があります)

  1. 場所 
    • 松山市三津浜支所 大会議室
      ※例年の高浜公民館ではありません。
      ※駐車スペースはありますができるだけ乗り合わせてご来場ください。
    • 白石の鼻海岸(夕日の観賞会)
      (松山市高浜6丁目)
      ※現地への移動は自己解決でお願いいたします。
  1. 募集人数・募集方法
    • 50名
    • 参加料
      2000円(受付でお支払いください。)
       1000円
      100円(高校生以下)
  • 問い合わせ先
    ・事務局:篠澤050-3580-3696 (18:30以後)
    ・松山・白石の鼻巨石群振興会
    ホームページ:http://haku1414.com/
    メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
  1. 後援等
    • 後援
      公益財団法人えひめ地域政策研究センター、イワクラ学会、日本天文考古学会
  2. 新型コロナウイルス対策(R03/8/16追記)
    ・受付で体温測定、手指消毒を実施します。発熱のある方は入場をお断りします。
    ・聴講者はマスク着用をお願いします。
    ・講演者は、マスクの着用はしませんが、聴講者から3m以上離れて講演します。

以上

 

カテゴリー: お知らせ!, ニュースリリース | 2021松山・白石の鼻巨石群シンポジウム開催のお知らせ!(9/18) はコメントを受け付けていません