今年(2020年)の白石の鼻・春の夕日の観賞会は中止します!

今年の白石の鼻・春の夕日の観賞会は、昨今の状況から中止します。

地上の状況に関わらず、太陽運行は変わらないと思いますので、3月20日(春分)から見ることができます。ご興味のある方は、各自でご観賞ください。

ご不明点等ある方はメッセージをください。

次は夏至前後にイベントをする予定です。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会

カテゴリー: お知らせ! | 今年(2020年)の白石の鼻・春の夕日の観賞会は中止します! はコメントを受け付けていません。

日本天文考古学会の創刊号に掲載されました!

日本に新たな学問分野を切り拓くべく、昨年、発足した日本天文考古学会の機関誌の創刊号が発刊されました。

img032 (2)

古代の遺跡などを研究する考古学と天文学を結び付け学際的に研究しようとするものです。

会員はまだ、約50人の小規模な団体ですが、会長に秋田大学副学長の上田晴彦先生、顧問に元神奈川大学教授の宇宙物理学者の桜井邦明先生を擁して在野の意欲的な研究者が多いです。

先日、やっと僕の手元にも届きました。
年末年始の郵便は遅いですね。(笑)

僕は、松山・白石の鼻巨石群調査についての論文を書きました。

白石の鼻巨石群が二至二分の太陽軌道と巨石の空洞や配列が一致していることを実証的に証明して論じました。
また、ドローンによる空撮画像の解析から海上の巨大な組石が、意図的に切断、移動されていることを大胆に論証したり、天文シュミレータソフトのステラナビゲータを活用した樋口元康氏作成のの白石の鼻における太陽軌道のシュミレーション図と実測が合致することも判りました。

天文考古学会のメンバーが各自のノウハウの水平展開や研究の切磋琢磨によって、研究が加速するのではないかと期待しております。

まだ、全論文を読めてはいませんが、記念すべき創刊号に掲載されている論文は以下です。

興味がある方は、会員外の方も購入できますので日本天文考古学会ホームページのお問い合わせのページからお申し込みください。

日本天文考古学会のホームページはこちら
https://tenmonkouko.jimdofree.com/

A4判、カラー80ページ 1冊2580円(送料含む)
※入会ご希望の方も、日本天文考古学までご連絡ください。

 

img035 (2)

1.ストーンヘンジの宇宙
樋口元康(測量士、プログラマー、天文研究家)

Google Earthや天文シュミレーションソフト(ステラナビゲータ)を縦横無尽に駆使し、ストーンヘンジの建造時代の天文図を、太陽観測、北極星観測、天の川観測について実証的に検証したレポート。ステラナビゲータの風景画像の取り込み機能を利用したシュミレーションは秀逸。

DSC_0444

2.天体と強い相関関係がある松山・白石の鼻巨石群について
篠澤邦彦(システムエンジニア・古代巨石文明研究家)

白石の鼻巨石群の太陽軌道との関連性を実測に基づいて論証。

DSC_0446

3.天文シュミレーションソフトによる古代遺跡の年代推定の試み
柳原輝明(星とイワクラ)

奈良県山添村の神野山に存在する天の川や夏・冬の大三角形を模したと想定される巨石群を、天文シュミレーションソフトに基づいてその建造年代を推定したもの。
天の川を模したとされる鍋倉渓谷は、巨石が650mにも連なる岩海で、摩訶不思議な景観です。

4.岐阜県の巨石群「金山巨石群とフナ岩の太陽観測システム」
小林由来(金山巨石群リサーチセンター)

金山巨石群は縄文期の天体観測施設として有名で、リサーチセンターの20年以上に渡る観測、研究は日本トップの研究として各紙に注目されてきた。今回、金山巨石群だけではなく、岐阜県内の他の巨石配置についてもその天体観測機能について調査レポートしている。

※以下まだ、読めていませんのでタイトルの紹介のみ

5.中国都城の中軸線設定プラン、北京城、隋唐洛陽城、隋唐長安城について
桜田和之(半導体工学)

6.前漢の二十八宿天体歴、汝陰候墓出土円儀の天文学的考察
江頭 勉(東洋天文学史)

7.天文考古学 酒船石は太陽観測機 古代人は日出、日没線の変化を知っていた!
桜井邦明(宇宙物理学者)

8.堯の都 陶寺遺跡(世界最古級の観象台遺跡)
桜田和之(半導体工学)

9.方位角の測定
平津豊(イワクラの科学的研究)

日本天文考古学の年会費は以下です。

正会員:6000円
一般会員:4000円

入会ご希望の方は、日本天文考古学までご連絡ください。
連絡先:tenmonkouko@gmail.com


 

カテゴリー: お知らせ! | 日本天文考古学会の創刊号に掲載されました! はコメントを受け付けていません。

2019白石の鼻・冬の夕日の観賞会(12/15)のご案内!

12/15(日曜日)に恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。振るってのご参加をお願いします。


20131214_5_2冬至頃に亀石を通過する夕日

松山・白石の鼻巨石群調査委員会では、恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。

白石の鼻巨石群は、お陰様で参加者の皆さんの協力や、地道な宣伝活動が少しづつ地域社会にも認知されてきており、昨年10月にはBSテレ東「ミステリアスジャパン」に取材をされ初めて全国で放送されました。

また、近年では考古天文学の分野が注目を上げてきており、白石の鼻巨石群も古代の天体観測施設の代表例として紹介されることが増えて来ました。

当調査委員会では、この素晴らしい光景・天体現象を体感してもらうために定期的なイベントを開催しています。冬の夕日の観賞会は冬至の翌日の天皇誕生日に実施します(夕日の観賞会は2008年の秋から連続して46回目です)。

陸上にある「亀石」に差し込む神秘的な夕日を観賞いただきます。古今東西お祝いされてきたこの冬至の日を皆さんと一緒に楽しみたいと思います。寒いですの「生姜湯」のおもてなしサービスも無料で行います。振るってのご参加をお願いいたします。

1.冬至の夕日の観賞会(無料)

  • 12/15(日曜日):15:30~16:20
  • 集合場所:白石龍神社(移動は各自自己解決願います)
  • 行事内容

・簡単な白石の鼻巨石群の説明を行います。
・「生姜湯」のおもてなしサービスを行います(無料)。
・夕日の鑑賞会(「亀石」を通過する神秘的な夕日を観賞します。)

  • 準備するもの
    ・防寒着、滑らないような運動靴
    ・軍手はいりませんが、動きやすい服装
  • 問い合わせ先

・松山・白石の鼻巨石群調査委員会事務局
・電話:050-3693-7105(夕方18:00以後~)

ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
※主催:松山・白石の鼻巨石群調査委員会

カテゴリー: お知らせ! | 2019白石の鼻・冬の夕日の観賞会(12/15)のご案内! はコメントを受け付けていません。

「松山・白石の鼻巨石群:2019・秋の夕日の観賞会」9/21(土)開催!

本日(21日)の白石の鼻夕日の観賞会ですが、小雨が予想され夕日は望めないかもしれませんが、白石龍神社で説明会のみでも実施します。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会
——————————————-

「松山・白石の鼻巨石群:2019・秋の夕日の観賞会」9/21(土)開催!

2008_081919_aki(年に2回の奇跡を見に行こう!)

1.開催の目的

松山・白石の鼻巨石群調査委員会では、これまで松山市高浜に存在する白石の鼻巨石群について11年間にわたり継続して観察した結果、太陽軌道との強い連動性を見出しました。二至二分(春分・秋分・夏至・冬至)に観測される神秘的な光景は県内外の人々に驚きをもって受け入れられて参りました。この愛媛県が誇る素晴らしいスポットをより多くの人々に広く知っていただき、また、活動の更なる深化を図るべく以下のように「松山・白石の鼻巨石群:2019・秋の夕日の観賞会」を開催します。

現地・白石の鼻海岸での夕日観賞会を実施します。年に2度、三ツ石の空洞を通過する神秘的な夕日の奇跡の瞬間を是非、ご体験ください。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会は、イベント等を通して白石の鼻巨石群の素晴らし自然や伝統・文化の大切さを広く伝え、もって地域の発展に寄与することを目的としてい活動しています。

2.内容

日時 9月21日(土)
①    白石の鼻 夕日の観賞会(無料)
・17:20~18:00
・現地での概要説明と、夕日の鑑賞会。
(夕日の観賞会は雨天の場合、中止する場合があります)

3.場所 
①    白石の鼻海岸(夕日の観賞会)
(松山市高浜6丁目)
※現地への移動は自己解決でお願いいたします。

4.参加方法・問合せ先
①    参加方法
現地、白石の鼻へ直接お越しください。
服装は以下ご注意ください。
・滑らないような運動靴
(現地は海岸で滑りやすいです)
②     問い合わせ先
・松山・白石の鼻巨石群調査委員会
ホームページ:http://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
電話:050-3693-7105

カテゴリー: お知らせ! | 「松山・白石の鼻巨石群:2019・秋の夕日の観賞会」9/21(土)開催! はコメントを受け付けていません。