2023年冬季の調査結果~冬至頃の床石のラインの解明!

2023年冬季における白石の鼻巨石群の調査結果

 
 
白石の鼻巨石群では、冬至頃に亀石の空洞を通過する神秘的な夕日の光はこれまで知られてきました(観測点2)。

12/24~12/29に集中調査を行い、これまで不明であった観測点1にある床石のラインについて検証ができたので報告します。
※画像はクリックすると拡大します。

亀石
※亀石の空洞を通過する神秘的な夕日

白石の鼻巨石群の全体構成
※白石の鼻巨石群の全体構成
亀石の空洞を通過したのは2023/12/29は 16:13~16:23

方位度が234.1~235.7の間で、16:24からは全く入らなくなりました。

※亀石の空洞に光が差し込み始める(空洞の出口で板で確認)。
2023/12/29 時間:16:13方位度:234.1高度:9.0

※まだ、床石のラインとは距離がある。この床石には直線状のラインが描かれている。
2023/12/29時間:16:17方位度:234.7高度:8.4

※床石の直線を赤色でマーキング
冬至頃の夕日の光の影は前方にあるテーブル石と呼んでいる巨石により作られる。

ところがそのテーブル石は近世に石材として割りとられた矢穴(くさび)のあと明確に見てとれる。

 
今回調査した観測点1にある床石の特徴的なラインについて冬至頃の夕日の光と合わせているという仮説を検証しました。

前面にあるテーブル石のB断面にそって割り取られたと想定できる部分に板を合わせると特徴的なラインと夕日の影が一致しました。
 
テーブル石のB断面に合わせると冬至頃の夕日の光が床石のラインに合致する。
2023/12/29 時間:16:25方位度:235.9高度:7.0

但し、古代、このラインに合うタイミングをいつ測ればよいのかという問題が生じます。

例えば冬至頃の16時30分に合えば良いと考えた場合、現代であれば時計で時間を見てその時点で合うかどうかで判断すれば良いと思うのですが、古代は時計がありません。そこで私は太陽で測っていたと考えます。

 
20231229_162349_亀石空洞
※亀石の空洞から光が消えていく。
2023/12/29 時間:16:23方位度:235.7高度:7.4

観測点2で亀石の空洞を通過する夕日は、16時23分で消えます。
そのタイミングで観測点1にいる他の観測者に声をかければ、床石のラインに合うかどうかを確認できたと考えます。

今回、一人で実施しましたので亀石の空洞の光が消えてから、観測点1に移動して16時25分に床石のラインを確認しました。するとピッタリと合いました。移動に1分かかったので16時24分でもあったと思います。

つまり、亀石の空洞から光が消えるタイミングの太陽の方位度が約235.8~236.0で床石のラインと合致します。

その後、冬至の日の入りに合わせて、テーブル石断面Aと冬至の双子岩を通過する夕日で冬至を決定したと考えます。日の入りが一番、南寄りに沈むときが冬至の日です。

 

※冬至の双子岩を通過する夕日のライン
 
 
※冬至の双子岩を通過した夕日がテーブル石のA面に沿って観測される。
2023/12/28時間:17:00方位度:241.1高度:1.0
 
まとめると以下です。

 

●白石の鼻巨石群での冬至頃の観測方法

1.観測点2で亀石の空洞を夕日が通過する。
方位度:234.1~235.7の間
※亀石の空洞を通過するのは冬至(12/22頃)を中心に前後2週間です。現在、実際に12/8~1/5には夕日の光が通過するのを確認しています。

2.亀石から光が消えたタイミングで観測点1の床石のラインの夕日の影が一致する。
方位度:約235.8~236.0

 
3.観測点1のテーブル石の断面Aと双子岩の間に夕日が通過する。
通過する最も南寄りに沈む日が冬至である。

   
 

 

お問い合わせは以下フォームからお願いします。

松山・白石の鼻巨石群振興会への問い合わせ

 

スポンサーリンク
カテゴリー: 調査結果 パーマリンク