2023年冬季の調査結果~冬至頃の床石のラインの解明!

2023年冬季における白石の鼻巨石群の調査結果

 
 
白石の鼻巨石群では、冬至頃に亀石の空洞を通過する神秘的な夕日の光はこれまで知られてきました(観測点2)。

12/24~12/29に集中調査を行い、これまで不明であった観測点1にある床石のラインについて検証ができたので報告します。
※画像はクリックすると拡大します。

亀石
※亀石の空洞を通過する神秘的な夕日

白石の鼻巨石群の全体構成
※白石の鼻巨石群の全体構成
亀石の空洞を通過したのは2023/12/29は 16:13~16:23

方位度が234.1~235.7の間で、16:24からは全く入らなくなりました。

※亀石の空洞に光が差し込み始める(空洞の出口で板で確認)。
2023/12/29 時間:16:13方位度:234.1高度:9.0

※まだ、床石のラインとは距離がある。この床石には直線状のラインが描かれている。
2023/12/29時間:16:17方位度:234.7高度:8.4

※床石の直線を赤色でマーキング
冬至頃の夕日の光の影は前方にあるテーブル石と呼んでいる巨石により作られる。

ところがそのテーブル石は近世に石材として割りとられた矢穴(くさび)のあと明確に見てとれる。

 
今回調査した観測点1にある床石の特徴的なラインについて冬至頃の夕日の光と合わせているという仮説を検証しました。

前面にあるテーブル石のB断面にそって割り取られたと想定できる部分に板を合わせると特徴的なラインと夕日の影が一致しました。
 
テーブル石のB断面に合わせると冬至頃の夕日の光が床石のラインに合致する。
2023/12/29 時間:16:25方位度:235.9高度:7.0

但し、古代、このラインに合うタイミングをいつ測ればよいのかという問題が生じます。

例えば冬至頃の16時30分に合えば良いと考えた場合、現代であれば時計で時間を見てその時点で合うかどうかで判断すれば良いと思うのですが、古代は時計がありません。そこで私は太陽で測っていたと考えます。

 
20231229_162349_亀石空洞
※亀石の空洞から光が消えていく。
2023/12/29 時間:16:23方位度:235.7高度:7.4

観測点2で亀石の空洞を通過する夕日は、16時23分で消えます。
そのタイミングで観測点1にいる他の観測者に声をかければ、床石のラインに合うかどうかを確認できたと考えます。

今回、一人で実施しましたので亀石の空洞の光が消えてから、観測点1に移動して16時25分に床石のラインを確認しました。するとピッタリと合いました。移動に1分かかったので16時24分でもあったと思います。

つまり、亀石の空洞から光が消えるタイミングの太陽の方位度が約235.8~236.0で床石のラインと合致します。

その後、冬至の日の入りに合わせて、テーブル石断面Aと冬至の双子岩を通過する夕日で冬至を決定したと考えます。日の入りが一番、南寄りに沈むときが冬至の日です。

 

※冬至の双子岩を通過する夕日のライン
 
 
※冬至の双子岩を通過した夕日がテーブル石のA面に沿って観測される。
2023/12/28時間:17:00方位度:241.1高度:1.0
 
まとめると以下です。

 

●白石の鼻巨石群での冬至頃の観測方法

1.観測点2で亀石の空洞を夕日が通過する。
方位度:234.1~235.7の間
※亀石の空洞を通過するのは冬至(12/22頃)を中心に前後2週間です。現在、実際に12/8~1/5には夕日の光が通過するのを確認しています。

2.亀石から光が消えたタイミングで観測点1の床石のラインの夕日の影が一致する。
方位度:約235.8~236.0

 
3.観測点1のテーブル石の断面Aと双子岩の間に夕日が通過する。
通過する最も南寄りに沈む日が冬至である。

   
 

 

お問い合わせは以下フォームからお願いします。

松山・白石の鼻巨石群振興会への問い合わせ

 

カテゴリー: 調査結果 | 2023年冬季の調査結果~冬至頃の床石のラインの解明! はコメントを受け付けていません

白石龍神社拝殿に看板を設置

2023年12月26日に白石龍神社拝殿に説明板を設置しました。

QRコードでは、説明用の動画のサイトに繋がるようにしております。
訪問者の利便性向上に繋がると思います。

白石の鼻_看板

白石の鼻巨石群振興会は今後も環境整備に努め、地域のシンボルとして宝磨きの活動を続けていきます。

松山・白石の鼻巨石群振興会

カテゴリー: お知らせ! | 白石龍神社拝殿に看板を設置 はコメントを受け付けていません

2023・白石の鼻冬の夕日の観賞会(12/24日曜日)の開催!

12/24(日曜日)に恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。振るってのご参加をお願いします。


20131214_5_2冬至頃に亀石を通過する夕日

(2014冬の夕日の観賞会の様子:佐川印刷株式会社・えひめの動画より)

松山・白石の鼻巨石群振興会では、恒例の白石の鼻・冬の夕日の観賞会を実施します。

白石の鼻巨石群は、お陰様で参加者の皆さんの協力や、地道な宣伝活動が少しづつ地域社会にも認知されてきており2021年4月に松山市の登録NPO団体に認定されました。また今年は念願の小学生向け紙芝居を作成することがで、各イベントで上演をしています。

また、近年では考古天文学の分野が注目を上げてきており、白石の鼻巨石群も古代の天体観測施設の代表例として紹介されることが増えて来ており、今年1月には駐車場付近に念願の説明用の看板を設置することができました。

当会では、この素晴らしい光景・天体現象を体感してもらうために定期的なイベントを開催しています。冬の夕日の観賞会は冬至前の12/24(日)に実施します(夕日の観賞会は2008年の秋から連続して61回目です)。

陸上にある「亀石」に差し込む神秘的な夕日を観賞いただきます。古今東西お祝いされてきたこの冬至を皆さんと一緒に楽しみたいと思います。

1.冬至の夕日の観賞会(無料)

  • 12/24(日曜日):15:20~16:20
  • 集合場所:白石龍神社(移動は各自自己解決願います)
  • 行事内容

・簡単な白石の鼻巨石群の説明を行います。
・夕日の鑑賞会(「亀石」を通過する神秘的な夕日を観賞します。)
・「生姜湯」のおもてなしサービスを行います(無料)。
※オープンスペースで距離をとって開催します。

  • 準備するもの
    ・防寒着、滑らないような運動靴
    ・軍手はいりませんが、動きやすい服装
  • 問い合わせ先

・松山・白石の鼻巨石群振興会事務局
・電話:050-3580-3696(夕方18:00以後~)

ホームページ:https://haku1414.com/
メール:shiraishinohana.labo@gmail.com
※主催:松山・白石の鼻巨石群振興会

カテゴリー: お知らせ! | 2023・白石の鼻冬の夕日の観賞会(12/24日曜日)の開催! はコメントを受け付けていません

日本天文考古学会の第3回研究発表会を共催(9/16:土)

松山・白石の鼻巨石群振興会は日本天文考古学会と共催で第3回の研究発表会を開催します。
天文学と考古遺跡を科学的に研究しようという研究者が集まった意欲的な団体です。
一般参加も可能ですので、是非、ご参加ください。
メールフォームから申し込んでください。

〇16日13時30分(13時受付開始)
日本天文考古学会 第3回研究発表会【一般参加可能】
参加費: 1000円(当日会場で支払)
参加するには申し込み予約が必要です。
以下のフォームからお申し込みください。
https://form.os7.biz/f/50d4249f/
学会員でない方に日本天文考古学会の活動を知っていただきたいと思っています。是非、ご参加ください。
場所: 松山市地域交流センター(三津浜支所)大会議室
(愛媛県松山市三津3丁目2-30)伊予鉄道三津駅から徒歩10分
内容:
■基調講演 「天空の物質化:人類はどのように天体を表現してきたか」 後藤明(南山大学特任教授)
■日本天文考古学会第3回研究発表会
・「上原遺跡の配石と天体観測」柳原輝明(日本天文考古学会常務理事)
・「白石の鼻巨石群の太陽観測機能と興居島磐神神社」 篠澤邦彦(松山・白石の鼻巨石群振興会主任研究員)
・「神谷太刀宮神社の岩石遺構と天体との関係」平津豊(日本天文考古学会常務理事)
・「玄武ラインで解く藤原京の謎」桜田和之(日本天文考古学会理事)
〇16日17時10分 白石の鼻巨石群夕日の鑑賞会
現地で三つ石遺跡のスリットに秋分の太陽が入る現象を観察
【一般参加可能】無料
愛媛県松山市勝岡町白石の鼻海岸
カテゴリー: お知らせ! | 日本天文考古学会の第3回研究発表会を共催(9/16:土) はコメントを受け付けていません